「乳がんは恐くない!恐いのは貧乏だ!!」

「夫の月収10万、妻は乳がん」~貧乏夫婦乳がん治療奮闘記~

著者:スパリゾート井上&妻・玲子

茜新社

夫のスパリゾート井上さんは、福岡県のI市で奥さんと3歳の息子と暮らしている、フリーライター。名前の通り文章もユーモラスで、闘病記だけど明るく、夫婦仲のいい感じが伝わってきます。でも、山菜とったりタニシを食べたり、ほんとに日々の暮らしは苦しそう。二人が闘っているのは、乳がんなのか貧乏なのかわからないくらい。個人的に一番読み応えがあるのは、章ごとについてる毎月の収支状況。要は、闘病中の家計簿を、解説つきでつまびらかにしてくれているわけです。いろいろツッコミどころ満載の支出があったりして、面白いのもさることながら、闘病していると、こんな風にお金がでていくのかとリアルに教えてくれる貴重な記録になっています。あと、親戚が助けてくれたり、意外な収入もあったりして。

 著者の正直で恰好つけないスタンスは、夫婦の  性生活についての記述にも表れていて、治療で性欲が失われていく妻と、禁酒をして精力が回復していく夫とのすれ違いも描かれています。こういう話は、大事なのにあまり大っぴらに語ってくれる夫婦は少ないと思うので、参考になるんじゃないかと思います。

 乳がんは壮年期になりやすいがんで、夫は働き盛り、こどもは小さいということが多いです。夫たちもテンパってしまい、妻の支えになるどころか、すれ違ったり、別居や離婚にいたることもあります。今、がん患者の会はあちこちで開かれていますが、まだまだ家族の会は少ないですから、もう少し乳がんの妻を持つ男たちが、発言したり連帯する場がほしいなと思います。そして、乳がんや妻に対しての理解を深めていってくれたらいいですね。

0 コメント

妻が乳がんと言われた時、夫は・・・

「娘はまだ6歳、妻が乳がんになった」著者:桃山透

株式会社プレジデント社

 

著者の桃山さんはフリーのライター。フリーゆえ収入が安定せず、妻の闘病によってますます経済的に苦しくなっていきます。想定外のお金が工面できず、手術が延期になり「お金がなければ、どんなに妻のことを思っていても、そんな思いはなんの役にもたたないことが結構ある」と悔やみながら、でも著者なりに妻を支えていく姿が綴られています。「がんの知識を増やすより、家事をしたほうがいい」というセリフは、妻が病気になったときの夫の心構えとして、後世に残る名言でしょう。また、当時小学校1年生の娘さんに病気をどう伝えたか、チック症がでてしまったときののメンタルケアなど、娘さんへのサポートについても、きれいごとで終わらずにリアルに記してあります。

 夫が妻の闘病記を書く場合、悲劇的な結末を迎えた後の物語は、どうしても美しく書かれがちです。読む方もハンカチの用意がいります。この本のいいところは、娘さんが11歳になった現在も、妻は抗がん剤治療をしながらパートにでたり、夫婦で近所を散歩したりしながら、日常を淡々と過ごしているところ。決してドラマティックに書くのではなく、等身大で冷静に書かれたドキュメントなので、家族をお持ちの方はぜひ読んでほしいと思います。

0 コメント